ほくろ除去で肌を綺麗にしよう|コンプレックスのない体へ

女性

黒子の切除の種類と特徴

女性

ほくろ除去の施術を提供している医療機関は増加傾向にあり、個々の黒子の状態に応じた施術が受けられるようになりつつあります。ほくろ除去の手法には様々な種類があり、最新の医療機器が活用されることが特徴です。

Read More

痛みなくほくろを取ろう

美容整形

ほくろ除去の方法は、小さいほくろならレーザーで簡単に取れます。大きなほくろは炭酸ガスレーザーで綺麗に取り除けます。露出の高い服を着るときのことを考えて除去したり、機械の性能が上がったことでほくろ除去する人が増えています。

Read More

外見が気になる

鏡を見る女の人

ほくろ除去を希望される方は見た目が気になってのことが多いと思います。ほくろ除去は皮膚科や美容皮膚科などでおこなうことができます。現在の主流は炭酸レーザーを照射して除去する方法です。電気メスによる切除などに比べると痛みも出血もほとんどありませんし、日常生活への支障もなく、きれいに除去できます。

Read More

ほくろをきれいに取り除く

レディー

ほくろ除去は、皮膚科や美容整形クリックで受けることのできるものです。様々な治療法がありますが、ニキビやイボの治療に使われる方法もほくろ除去で使われます。外科的な方法によるほくろ除去と、レーザーを用いて術後の傷跡を目立たなくする美容効果を意識した治療法があります。

Read More

皮膚科か形成外科か

美容整形

除去法はいくつかある

ほくろ除去を希望する場合、皮膚科、形成外科、美容皮膚科などを受診するといいでしょう。良性腫瘍の一種としてほくろ除去を希望すれば健康保険の適応が受けられる場合が多いようです。この点については除去を受ける前に医師に確認してください。美容目的で除去するということになると、健康保険適応外になってしまうケースがあります。ほくろ除去の方法はほくろの形や大きさによって異なります。方法は大きく分けて三つあり、ひとつはほくろのある部分の皮膚を切除し、その後を縫合する方法です。5mmを越える比較的大きなほくろ除去に有効な方法です。ほくろの組織を完全に切除するため、ほくろの組織が残らずその後に再発する可能性が低いというのがこの方法の長所です。その一方でメスで皮膚を切るため、わずかながらとはいえ傷跡が残ります。ほくろの直径より数倍大きく切りますので、それだけの長さの傷ということになります。ある程度の大きさ以上のほくろはこの方法でしか除去できません。5mmより小さなほくろであればほくろの形に沿って丸く皮膚をくりぬくくりぬき法という方法が使える場合もあります。簡単にできますが、くりぬくために傷が深くなり治るまでに多少時間がかかるということと、傷がへこんで残る可能性があるというのが欠点です。

利点と欠点をよくきいて

もうひとつのはレーザーを使う方法です。炭酸ガスレーザーは水に反応する性質があり、それを利用しています。ほくろの部分に炭酸ガスレーザーをあてれば、そこに熱が生じて皮膚が削られます。これを蒸散といいますが、これでほくろを吹き飛ばしてしまうため、特に盛り上がっているほくろには有効ですが、逆に平坦なものには使えないこともあります。施術はすぐにすみ出血もほとんどなく、傷もくりぬき法などよりは早く治ります。しかし、レーザーで組織を焼いてしまうため、組織検査ができません。そのため悪性の疑いがあるようなほくろには使用できません。炭酸ガスレーザーと似たものにエルビウムヤグレーザーがあります。ほくろを除去する仕組みも炭酸ガスレーザーとほぼ同じです。出血防止は炭酸ガスレーザーが、痛みに関してはエルビウムヤグレーザーが有利だと言われています。小さなほくろなら、エルビウムヤグレーザーは局所麻酔なしでも除去可能です。炭酸ガスレーザーやエルビウムヤグレーザーが水分に反応するのに対し、メラニン色素に反応するQスイッチレーザーを使う方法もあります。ほくろの色素細胞だけを破壊するため、周囲の正常細胞を傷つけず、傷の治りが早いという利点があります。しかし、ほくろでも色の無い部分には反応しませんから取り残しがあり、ほくろが後日再発する可能性が最も高い方法です。三つ目に、サージトロンという高周波メスを使って電気分解する方法があります。小さなほくろにはそのまま押し当てて蒸散させ、盛り上がっているようなほくろはワイヤーをかけて切り取ります。いずれの方法を取るにしても医師の説明をきき納得して選ぶのが大事です。