ほくろ除去で肌を綺麗にしよう|コンプレックスのない体へ

女の人

黒子の切除の種類と特徴

女性

医療レーザーの多彩な用途

医療用レーザーは幅広い活用法が考案されており、美肌を目的としたケアでの活用や脱毛等にも利用されています。しかし、医療用レーザーのメリットを最大限活かせるものが、身体に負担を掛けずに切開が出来る施術での活用です。医療レーザーを用いる事で皮膚への負担を最小限に抑えて切開が可能になる為、ほくろ除去の施術でも多く活用されています。これはレーザーによる皮膚の部分的な切除は負担が少なく、施術跡が奇麗に仕上がるというメリットを活かせる事が理由です。また、術後の回復も早く施術を受けた当日でも普段通りの生活を送ることが可能です。しかし、色素の薄い黒子等の場合はレーザーの反応が鈍くなる事もある為に、異なる施術法が採用されるケースも見られます。最新の医療レーザーを用いたほくろ除去は国内では浸透し始めたばかりですが、海外では既に主要なほくろ除去の手法とされ幅広く活用されています。また、ほくろ除去の施術は美容外科などの整形施術を主に扱うクリックだけではなく、一般の皮膚科等でも採用されはじめている技術です。その為、多くの場所で医療レーザーの技術を活かした施術が受けられるようになりつつあり、より気軽にほくろによるコンプレックスが解消出来る環境が整いつつあります。

黒子を取除く施術法

ほくろ除去は簡単な症例であれば数分程度で完了してしまう施術です。これはメスでの切開とは異なり、レーザーによる部分的な皮膚の切除である為に利便性に優れた施術法です。ほくろ除去は悪性のものである場合は保険が適用される事もあり、今後はレーザーによるほくろ除去は従来よりも幅広く活用されていく事が予測されます。また、黒子の面積が大きな場合は皮膚を切除する方法が選択されることに加えて、黒子の組織が皮膚の深部に到達しているケースや再発する可能性が高いものなども全面的に切除する方法が適用されます。更に、黒子の色素が薄い場合はレーザーが反応し難くなることが大半です。その為、高周波などを照射してほくろ除去を行う技術が用いられます。やはり、高周波を照射する施術も皮膚への負担が軽減出来る為、傷跡が目立ち難くなる事がメリットです。且つ、レーザーを用いた施術法と同様に短時間で終了する為、手軽に受けることが出来るほくろ除去の施術法です。ほくろ除去の施術は美容整形のクリニックをはじめ、大変多くの医療機関で提供されはじめています。この傾向が顕著になるにつれ、黒子の部位や性質に合った施術が受けやすくなってきている状況です。