ほくろ除去で肌を綺麗にしよう|コンプレックスのない体へ

女の人

ほくろをきれいに取り除く

レディー

ほくろの除去は痛くない

数ある美容施術の中でも、ほくろ除去は顔や首など身体にできたほくろを取り除くことです。ほくろ除去は、皮膚科のクリニックだけでなく、美容整形クリニックでも受けることができます。これはほくろを取り除くことが美容の一環であると認識されていることの表れです。欧米ではほくろを除去することは珍しいことではありません。子供のころに取り除いておく人も少なくありません。ほくろの除去に利用される方法はいくつかありますが、その一部はほくろの除去だけでなく、ニキビやイボの治療にも使われるものもあります。例えば、炭酸ガスレーザーは、イボの治療にも広く使われています。また、炭酸ガスレーザーやアレキサンドライトレーザーといったレーザーを用いたほくろ除去手術は、痛みをほとんど感じることのないものです。そのため、メスや電気メスを用いた外科的な手術と異なります。施術自体もごく短い時間で終わるので、忙しくてほくろ除去に長時間拘束されるのは困るという人にも適しています。また、痛みだけでなく腫れも少なく済むので、元通りの生活に戻れるスピードは早いです。ほくろ除去を行なった後の肌は敏感になっているので、刺激を与えないように気をつけましょう。特に紫外線対策は中年に行なう必要があります。日焼け止めやUVカット衣類などを着用して、ほくろ除去部分をガードするように心がけて下さい。

治療方法と治療費

皮膚科や美容整形クリニックで行われるほくろ除去には、さまざまな方法があるという特徴があります。つまり、ほくろの状態に応じて、異なる治療法が用いられるのです。ほくろはどれも同じように見えても、治療する観点からみると別のものに見えているのです。例えば、メスを用いて外科的にほくろを除去する「切除・縫縮法」「切り抜き法」は、大きいほくろや、皮膚の深い部位にまでほくろが浸透している場合などに使われる方法です。この治療法によるほくろ除去は、保険適用となるので、自己負担額が少なくなるという特徴があります。また、炭酸ガスレーザーやアレキサンドライトレーザー等のレーザーを用いた治療では、傷跡が目立ちにくいという特徴があります。その代わり、一度の手術でほくろのすべてを除去するのではなく、複数回にわたって少しずつ削り取っていく方法でほくろの除去を行います。そのため、何度かクリニックに通院する必要があります。傷跡を目立たないようにしたい顔のほくろの除去などには適しています。レーザー系の治療では、保険適用とならないため治療費は全額自己負担となります。ほくろの種類や、自分の予算に合わせて医師と相談しながら治療法を決めます。